小さなサンタクロース

毎年 子供達が楽しみにしている行事といえば、クリスマスクリスマス

 

いつもより ちょっとだけ豪華な食事とプレゼントプレゼント

 

親の私にとっては準備が忙しく、労力+出費も痛いところです苦笑い

 

「サンタさん、何くれるかな〜?」と高校生になっても図々しい事を言う娘。

 

確かに、チビにだけプレゼントってわけにはいかないしね…。

 

息子に、「サンタさんから何がほしいの?」と聞いても

 

「お母さんには、ないしょ」と言う。

 

いやいや、教えてくれないと準備出来ないんですけど…

 

何回聞いても、「ないしょ」とだけ。

 

困った…。

 

おぉ、そうだひらめき

 

「サンタさんに、手紙書いたら?

 そしたら、サンタポストに入れてきてあげる。」

と話したら、素直に

「うん音符

 

そして、早速手紙を書き始めました。

 

「お母さんに見られないように シールをいっぱい貼ったからね!」と。

 

あ〜、そうですか。

そんなに見られたくないなんて、まさか変な事書いてるんじゃないでしょうね…

 

そして、

息子が寝てから その手紙をそ〜っと開けてみると、

 

「サンタさんへ

 ぼくは、妖怪ウォッチスキヤキのゲームがほしいです。

 それから、プレゼントがないお父さんとお母さんにもプレゼントをおねがいします。」

 

と書かれていました。

 

私に内緒の意味が分かりました。

 

そんな事を思ってくれる気持ちがとても嬉しく、私にとってはまさに息子がサンタクロース嬉しい

 

イブの夜には、私の耳元で

「きっと、いい事があるよ」と囁いてくれましたにっこり

 

息子の希望通り家族全員にプレゼントを準備し、みんなが寝静まった後に、

それぞれの枕元へプレゼントを置く私。

 

息子のリアクションが楽しみ。

っていうか、私も朝から女優きどりでリアクションしなくちゃ笑う

 

と、ここまでは 良い話だけど…

 

クリスマス当日、若干リアクション薄めな息子。

 

何か様子が変…。

 

おでこを触ると、熱い…風邪

 

クリスマスに熱を出すなんて下がる

 

次の日、病院で検査をしたら

インフルエンザA型と診断されました。

 

さらに次の日、娘と私が熱を出してしまい、

そしてまた次の日、主人が熱を出し

結局、家族全員インフルエンザに罹患してしまいました泣く

 

心温まる話に、何故かオチが付く我が家とほほ

 

ウィルスと共に年末を過ごしました苦笑い

 

今年はどんな一年になるかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2017.01.09 Monday
  • -
  • 21:42
  • -

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

記事検索

others

mobile

qrcode