豹変!

かわいい かわいいマロンちゃん猫だったはず…

でも、なぜか…

とても大変な子に成長してしまいました!

とにかく食欲が凄い!

ちゃんと食べさせてるのに、残飯まであさる始末…
出汁をとった煮干しがいつの間にか無い…
袋に入ったパンなんて、ビニールごと食べてしまう…
料理途中の生肉泥棒…

ちょっと待って、猫って生肉食べるんだっけ?

急いで取り戻そうと追いかけると、恐ろしいうなり声をだし、威嚇。

結局豚肉1枚食べちゃった泣き

怖い…怖い

しかも、かじるし引っ掻くし、困ったもんです。

マロンの気持ちがわからず、
「猫の気持ち」
という本を熟読中です。

成猫になったら治るのかなぁ〜。




 
  • 2015.01.19 Monday
  • -
  • 11:45
  • -

検査結果は

暮れから新年にかけて、じんましん騒動の我が家。
 
アレルギー検査の結果が出るまでは、外食を控える事にしました。
両親・兄弟家族とのホテルディナーも我慢し、新年からテンション下がる私下がる

そしてそして、検査の結果は…

「アレルギーではありません。」


え?そうなの〜?
だったら食事会行けばよかったガックリ

息子が大晦日に口にしたエビ、カニ、いくらの他に一般的なハウスダストや花粉、猫アレルギーまで検査したのに
すべて正常だと…。

たまたま風邪気味だったとか体調や気温の変化とか要因は色々考えられるし、じんましんの原因がハッキリ分かる事って2割くらいなんですって。

とりあえずアレルギーじゃないって分かって安心しました。


そうそう、
採血ついでに息子の血液型も調べたんです。

ふふふ。
やっぱり AB型。

クールというかボケ〜っとしながら今日も学校へ行きましたちゅん








 
  • 2015.01.16 Friday
  • -
  • 11:42
  • -

どきどきのお正月

あけましておめでとうございますおじぎ
今年もお付き合いの程、宜しくお願いいたします。

皆さんは、どのようなお正月を迎えられましたか?

私はというと…
暮れに差し歯(前歯)が抜け、マヌケな顔になってしまいガーン
そんな私に、息子が「おめでとう〜」と。

「乳歯じゃないんですけど…」とほほ

取れてしまった歯を握りしめ、慌てて年内最終日の歯科へ行きました。
単純に接着出来ると思ったら、土台の金属部分がポッキリ折れてるらしく
土台の型どりからやり直しになってしまいました。
当然、その日中には作れるわけもなく…。
先生が、マヌケ顔の私に仮の歯を付けてくれたのですが、あくまでも表面上のフェイク…。
いつ取れるかわからず、気を遣いながらの食事…。
せっかくのお正月料理もどこへやら…。


そんな私に追い打ちをかける出来事がびっくり

大晦日の夜10時頃。息子の顔にポツポツと赤い湿疹が。
あまり気にせず元旦を迎え、初売りへと出かけました。
帰宅後、息子が「背中がかゆい」というので、服をめくったら背中一面にじんましんが…
とりあえず軟膏を塗ったら落ち着いたので、様子を見ることにしました。

そして、次の日。
手、足にも広がってしまって…がーん
慌てて救急に連れていきました。
応急処置として、アレルギーの内服と軟膏を処方してもらいました。
かかりつけ医でアレルギーの検査をした方がいいとの事でした。

早速、休み明けに小児科へ。
初めての採血にドキドキの息子どきどき
腕を出すと猫のひっかき傷があり、ついでに猫ねこアレルギーの検査もする事に…。

まだ結果がででいませんが、ドキドキです。

暮れから新年にかけて、色々と心配な日々を過ごしました。

今年はどんな年になるんだろう。

どうか皆様も穏やかな一年でありますように。




 
  • 2015.01.09 Friday
  • -
  • 11:47
  • -

あたし ねこ♪


NHK Eテレの毎朝5分間番組の0655。
番組の中でオリジナルソングにのせてペットの写真を放送する「あたし、ねこ」コーナー。
これにマロンを応募してみました。
しかしこれが、なかなかの高倍率らしく…。
きっと、採用は無理だろうなあ

なので、このブログでマロンの「あたし、ねこ」をやりたいと思います。
歌がわかる方は、音楽に合わせてどうぞるんるん


あたし、ねこ♪



あたし、ねこ♪



ここ、あたしんち♪



ここ、あたしんち♪



これ、いつものごはん♪



これ、スペシャルごはん♪



それ、大好きおもちゃ♪



それ、落ち着く寝床♪



あたし、ねこ♪



このひと、飼い主♪



このひと、ごはんをくれる♪



このひと、遊んでくれる♪



あたし、ねこだから〜



ひとの言葉わからない〜



あたし、ねこだけど〜



このひとの気持ち なぜか良くわかる〜



あたし、ねこ♪



あたし、ねこ♪



あたし、ねこ♪



あたし、ねこ♪


チャン チャ〜ン
出演はマロンさんでした。


親バカならぬ飼い主バカでごめんなさいごめん


 
  • 2014.11.13 Thursday
  • -
  • 16:45
  • -

少しだけハロウィーン気分

去年のハロウィーン当日、普通に夜ご飯を食べ、普通に過ごしました。
そしたら息子が、パーティーは?飴は?と とても不満な様子。

だって、ここ日本ですから=3

ブーブー言う息子に 来年はちゃんとやるから なんて とっさに約束したものの…。
すっかり忘れてて…。

今年のハロウィーン前日、息子にクギを刺され…。
仕方なく、何となく、それらしくしようかなと…。

まずはテレビコマーシャルでもお馴染みのハロウィーンカレーにしようかな。
あとは、トリックオアトリート用の飴の準備。
デザートはハロウィーンアイス。

これで どうだ〜kyu


めんどくさかったけど、子供達喜んでくれたのでよかったです。

ハッピー ハロウィーンき


 
  • 2014.10.31 Friday
  • -
  • 22:34
  • -

猫物語

おじいちゃんちで見つかった子猫のマロン。

我が家に連れてきた次の日、おじいちゃんちの庭をそっと歩く猫の姿がありました。
静かにテラス窓に近づいて、首を伸ばして家の中の様子を伺い、再びそっと姿を消したようです。
その顔は、マロンにそっくりな猫だったと…。

きっと、マロンのお母さんだ。
親元に帰した方がいいのかな。

そう話す私に、探してる感じでは無かったというんです。
普通、自分の子を探すならニャーニャー大きく鳴くはず。
決して鳴かず、静かに落ち着いた様子だったと。

この話を聞いた次の日、元気なマロンの姿を親猫に見せてあげたくて、おじいちゃんちに行きました。
可能なら、マロンの親猫も一緒に飼いたいと思いました。

でも、残念ながら親猫が現れることはありませんでした。

あれから数日たった今も、現れていません。


あの日、おじいちゃんの足にしがみついてきたマロン。
親猫が一緒ならそんな事は決して無いはず。
きっと、何らかの事情でマロンを育てることが出来なくおじいちゃんちに託しにきたんだと思います。

私たちの結論は、マロンを大事に育てること。
尊い命を守り、飼い主としての義務をきちんと果したいです。

マロンのお母さん、
マロンはとっても元気ですよ安心






 
  • 2014.10.26 Sunday
  • -
  • 22:30
  • -

家族が増えました♪

我が家に家族が増えましたルンルン

と言っても私が赤ちゃんを産んだわけではありません。
もう、立派なBBaですから…汗プッ

猫なんです。

おじいちゃんちの縁の下で数日前から「ミャーミャー」と鳴く声が聞こえてて…。
そこで生まれたのか、捨てられたのかは分かりませんが、寒くなった今かわいそうでかわいそうで…。
鳴き声が聞こえてから3日目にようやく姿を現し、おじいちゃんの足にしがみついてきたんです。
生後1〜2週間くらいの本当に小さな子猫ちゃん。
保護したものの、現実おじいちゃんちでは飼うことが出来ないと…。

元々、猫好きの我が家。
こんなかわいい猫を見捨てるわけにはいきません。
責任をもって飼う事に決めたんです。

今までペットとして生き物を飼ったのはお祭り金魚くらいだったので、子供たちは大喜びです。

早速、育てるために必要な物を買い揃えました。
次に名前決め。

どんな名前がいい?
「ウメコ」と息子。
「うそでしょ。 ジャパンすぎでしょ。」

「さくら」と娘。
「季節おかしくない?」

「秋だよ。 秋」
「かぼちゃ かぼちゃの ぼっちゃんは?」
「それだと 男の子じゃん」

「じゃあ、くり  マロンは?」

ハートハート
いいねーkyu
毛の色もくりっぽいし、ピッタリじゃん。

こんな会話をし、名前はマロンに決定しました。

このブログにも度々登場すると思います。
かわいがっていただけたら嬉しいです。
 
  • 2014.10.17 Friday
  • -
  • 21:17
  • -

言いまちがい


「がっこうでペンなくしちゃった」と息子。
「ちゃんと探したの?」と聞くと
「おたのしみ も見たけどなかった」と…。

おたのしみ…。。。
ん?

「おとしもの のこと?」
「あ〜そうだった」と。
DoCoMo
こんな言いまちがいするなんて、まだまだ幼い息子です。
明日から後学期スタート。
学校で、先生に「おかあさん」って言わないでくださいよ。

息子に気合かけている私だけど、通信簿と通知表が混ざって「つうちんぼ」を連発苦笑い
「つうちんぼ」の保護者欄なんて書こうかな。
間違わないように気を付けようっと汗
 
  • 2014.10.14 Tuesday
  • -
  • 14:20
  • -

ラダー完成

古い柵をリサイクルしたラダーが出来ました手

子供達それぞれ好きな色を購入しました。
息子が選んだのは明るいアクアマリン。
娘は今のインテリアに合わせてホワイトカラー。
そして、それぞれ自分で塗装しました。
息子の塗り方が心配だったけど、意外にも丁寧で親の出る幕なしでしたちゅん

早速、仕上がったラダーを各子供部屋へ。

10月ということもあり、息子の部屋はハロウィーンバージョンにハロウィン



娘の部屋はカントリー調に。

白い壁にアクセントがついて、素敵にリサイクル出来ましたkyu

そうそう、娘の部屋の白いガラスキャビネットも以前洗面所でタオル入れとして使っていたものなんです。
塗料が剥がれてきたので白く塗り直し、レースシールを貼ってイメージチェンジをし、取っ手も陶器製に取り換えてカントリー調にリサイクルしたものなんです。
扉を開けるたびにギシギシ音が鳴るけど、長く使っているので愛着があってなかなか処分できません。
このキャビネットには娘がお嫁に行くまで頑張ってもらおうかなちゅん
 
  • 2014.10.13 Monday
  • -
  • 21:25
  • -

素敵にリサイクル

最近、無性にやりたくなるもの。
それは…

片付け


特に2階の寝室クローゼットと納戸がターゲットなんです。

20年前のコートなんてすっかり型落ちしてて着ないのに、なんでしまってるんだろう。
そんな疑問が私の片付けモードにスイッチが入ったようで…。

ここ数日、処分品と格闘中です


独身貴族の頃の今は絶対着れない服
昭和の香り漂う服
着膨れmaxのダウン
存在感がでか過ぎるCDMDコンポ
14年間使ったカーテン
穴の開いたビニールプール
しみだらけのベビー布団

ぜ〜んぶ、処分しました。

気分爽快です

ただ1つ、使わないのに処分出来なかったのがおじいちゃん手作りの安全柵。
まだ子供が小さい時に階段、玄関、キッチンに設置してて子供達を危険から回避してくれたんです。
材料も杉の無節なので、木目がきれいで…。

でも、ただ納戸にしまうのもなぁ。

もう一度何かに活躍できたら…。

私が今、考えているのが子供部屋にラダーとしての復活。

置くだけで部屋がお洒落に見えるし、見せる収納もいいかなと。
でも奥行きがあまりないから、小物しか飾れないけどね。

息子と一緒に好きな色に塗装しようかな。

では、完成したら画像アップします




  • 2014.10.05 Sunday
  • -
  • 21:03
  • -


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

記事検索

others

mobile

qrcode